ターンパイク

b0365100_07471950.jpg

東京から小田原厚木道路を抜け、小田原の早川からターンパイクに乗って大観山に向かう道は、カーグラフィックTVなんかでは必ずインプレッションで使うお馴染みのコースだ

そのまま大観山を抜けて亀石から海に降りるとワタシの別荘があるために、山道を攻めたい時なんかにはこのルートを走る
今の時期は桜が満開で美しく、稜線はなだらかに富士山まで間近に見える

以前にもポルシェ乗りちゃんのポルシェと、ワタシのGTRでつるんで走った事もあるし、めぐみちゃんが派手にワタシのクルマで側面を削った事件もあった
GTRでならば、誰も煽るような身の程知らずな事は仕掛けてこないのだが、以前、見た目だけの非力な真っ赤なプジョーSRIに乗っていた時なんかは結構絡まれたっけ・・・・((T_T))

少し前にはマツダがロードスターの試乗会みたいな事をした時、警察の許可無く対向車線を使って危険走行を客にさせて問題になったよね

そして
勘違いした休日スポーツカー乗りのオッサンが狂ったように自らのドライビングテクニックとクルマの性能以上のスピードを出していたりするm(。≧Д≦。)m
カーグラフィックTVの罪・・・・



大抵は下り坂の左回りのカーブで曲がりきれずにぶつかるのだ・・・・((T_T))

そして昨日の夕方、一台の救急車🚑がワタシのクルマを追い抜いて峠に向かってサイレン鳴らしながら登って行った
「ああ・・事故なんだろうな・・」

どうやら、また1人、ポルシェに乗った勘違いオッサンが無謀運転で死んだらしい
死ぬのは勝手だが、対向車線に他のクルマとかバイクがいたら、それこそ大惨事だ

事故死
2016年4月11日 22時55分 産経新聞

 11日午後2時55分ごろ、神奈川県小田原市石橋の有料道路「マツダターンパイク箱根」の下り車線で、自動車評論家で「日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考委員、森野恭行さん(53)が運転する高級外車「ポルシェ」がセンターラインをオーバーして道路右側の樹木に衝突した。

 森野さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 小田原署によると、現場は片側1車線のゆるやかなカーブの下り坂。同署は目撃情報などから、スピードの出し過ぎが原因とみて調べている。

[PR]
by t102910291029 | 2016-04-12 07:46 | 予知夢 | Comments(0)
<< 使えないのはオマエ自身だ!吉川... 国盗り >>