コンフィ

25年以上昔
下北沢にコパンコパンという欧風居酒屋みたいな店があった
地下の狭い店で、開店したらすぐに入らないと席がなくなる知る人ぞ知る人気店

その頃お付きあいしていた女性達・・・・臨床検査技師の三神さんやヴィオラ奏者、元女子アナやアンジェリーナジョリー似の人妻なんかとよく行っていた
アンジェリーナジョリー似の人妻に至っては、この店で盛り上がり、二人でシャンパン1本と白ワイン2本を空けてベロンベロンになったあげく、近所のホテルで初めて愛し合った
さんざんに感じて絶叫して飛沫を漏らしたあげく、真っ最中にハッ(゜ロ゜)と我に帰ったアンジェリーナジョリー似の人妻が、1秒後には、更に激しくしがみついて下から腰を振り始めた・・・・
そんな懐かしい店も、もう、だいぶ以前に無くなった

その店でのワタシの一番のお気に入り料理が
「鴨肉のコンフィ」

骨付きの鴨のモモ肉をオリーブオイルの中で沸騰させずに低い温度でゆっくりと温めたもの
低温だから水分が逃げない。身はしっとりとホロホロに旨くなり、鴨の味と香りが引き立つ。

昨夜はワタシが作ってみた

鴨肉、大振りな牡蠣、鮪、海老、マシュルーム

オリーブオイルが勿体ないから小さな片手鍋
皮つきの大きなイタリアンにんにくを2つと鷹の爪
少しずつ時間をかけて仕上げる

牡蠣から始めた
白ワインをぐびぐび飲みながら鍋の前で上機嫌に踊る💃
10分弱くらいで食べてみる・・m(。≧Д≦。)m
なんというプリンプリンな食感と深い味わい!!美味いなんてもんじゃない!

鴨肉は時間をかけてじっくりと仕上げる
その前にニンニクの皮の端を噛みちぎると、もはやトロントロンのポタージュみたいになった甘いにんにくエキスを吸いだすみたいに貪る!明日誰に会おうと知った事ではない❗

勿論、鴨も素晴らしい出来だ
最後にフライパンで焦げ目をつけ、ピンクペッパーを散らしてエシャレットをあしらう


あまりに熱中し過ぎて写メを撮るのを忘れた!(^o^)





[PR]
by t102910291029 | 2016-04-20 12:01 | Comments(0)
<< 博多美人と スイッチのありか >>