再録しておく

その場所に関わる一連の記事を再録しておこう・・・・


道々の話
2015-02-19 20:42:55

テーマ: なし
道々の話
勿論

ワタシはどんな状況においても女性を楽しませる鉄板の話をコレクションしている

しかも

その話の半分くらいは、このブログに記事として収録してある(⌒0⌒)/~~

だからハード読者さんにはわかるであろう
運転中におもいがけず誰かを載せてあげる時に話すべき鉄板のあのネタが・・・・




約五年前の 台風の日のこと
その日は平日、朝から台風が直撃して、物凄い雨と風が吹き荒れ、多摩堤通りは、殆んど車が通っていなかった
二子玉川から田園調布の事務所に向けて車を走らせていた私は、

道端に立って明らかにタクシーを待っている喪服をきた母子を見た
こんな台風大雨の時は、滅多にタクシーは掴まらないだろうに

幼稚園ぐらいの子供どもどもずぶ濡れになってるのは、さすがに放っておけないので、私はUターンして、

良かったら田園調布駅まで乗っていきませんか?

と 後部座席に乗ってもらった

何度も小さな声でお礼を言われ、閉口した挙げ句に、お財布を引っ張りだす気配に

ずぅえったいに お金は受け取りません!

と 言うと、やっと静かになった

・・・・・・・

静かになりすぎ?

・・・・・・・

田園調布について、振り返ると

やっぱり

誰もいなかった

シートは当然びっしょり濡れていた

その時は あまり 怖いとも ショックだの
感じなかった

悪い感触が あの 親子からは 感じられなかったからかも しれない・・・・・・

もし あの時 気持ちだからと お金を 受け取っていたとしたら、
どうなっていただろうか?

冥界の食べ物を口にしたものは、冥界に取り込まれる 

という考えかたも ある

冥界の金を受け取ったものは

あるいは・・・・・

俺は金に汚くなくて よかったかも しれない



そう

この噺を運転しながら受付嬢ちゃんを含めて3人プラス一匹にしてあげた!(⌒0⌒)/~~




中 警察の発表 事実と違う!
2011-01-04 20:23:22

テーマ: ブログ
さっき livedoorのニュースで見たけど

チガウチガウチガウチガウ!
全然事実と違う!

俺は 見たんだから!
この目で

以下、事実のみを列挙します

昨夜 午後7時頃
目黒通りのどん詰まりの環八を越え 多摩堤通りを 右折した 土手の上で 立ちすくんだまま 真っ暗な多摩川を見据えている 白っぽいコートのオバチャンを見つけ 思わずスピードを緩めた。

その 10メーターくらい先に お巡りの 白いチャリがあり

ばはあーん また 青ビニールシートのオッサンが なんか 地元の上野毛マダムと揉めて

お巡り呼ばれて一方的に説教喰らっていて

マダムが眺めて溜飲下げているんだろうなあって

勝手に解釈して

通り過ぎたんだけど・・・・・

あれ

全然違う状況だったんだな・・・・・


多分
あの 白っぽいコート着たオバチャンは

けさ 発見された 硫化水素で中毒死していた母親(60何歳か)に

違いない・・・・・

そして

昨夜の早い時間に お巡りのチャリがソコにあったってことは

何らかの警察の関与があった筈だ

しかるのち

今朝 7時四十分程に ジョギングしていた男性に

親子二人の心中死体が発見されたとの 警察発表を鵜呑みにした記事が・・・・・

おかしいおかしいオカシイオカシイオカシイぞっ

少なくとも 昨夜の午後7時の段階で

警察官がチャリで出動するだけの 何らかの事態が

あの 野毛の 多摩川河川敷で起きていた筈だ

オレは ハッキリ 見てるんだ

白っぽいコートのおばちゃんと

お巡りのチャリを



それを

ナニやら ジョギングしていた人が

朝 死体を発見
遺書には生活苦をホノメカス記述が有りましたって

明らかに

ナニカ怪しい誤魔化しの匂いが

プンプンプンプン

私 証拠として このブログ書いた後

多摩川警察に 確かめの電話を入れるつもりです。

このブログ 読んでくれてる皆さんが 私になにか有ったら 証人として 勇気を持って発言してくれることを
期待します。


腹をくくった テルリでした



ケンモホロロ
2011-01-04 20:52:59

テーマ: ブログ
早速 玉川署に確認の電話をしたら

担当者を名乗る人物が電話口に・・・・

私の話を聞きはじめると ナニやら 受話器を覆って モソモソ誰かと相談・・・・・・・・
しまいに 私 昨日の担当じゃないんで って ガチャン

ふうーん

なんかマズイこと あるんだね・・・・・・・・・一番ダメな対応だなあ・・・・・

掘り下げられるよ


責任問題になるよ。




考えられる展開
2011-01-04 22:00:27

テーマ: ブログ
さて

ここまでの事実と 警察のあわてぶりから

大体 何があったか
わかると思う。

硫化水素を準備したのは 息子だろう。

年老いた母親は ただならぬ息子の行動に不安を覚え

警察を呼んだ 息子は 多摩川河川敷でウロウロして(その時 硫化水素発生キットは持っていたが チャリの警官は 気付かなかったか 本気じゃないと思ったか・・・・・・

通り一遍の 貧乏親子のイザコザと軽く見たのか・・・・・・

あるいは 心無い警官のマニュアル通りの介入に あらためて生きて行くのが嫌になったのか・・・・・

とにかく

お巡りがひきとった後
親子の間に どんな 死に向かう絶望が生じたのか・・・・・・

考えるだに 心が萎えてしまう・・・・・

ほんの少しの 想像力と 人の心への関心とシンパシーさえ在れば
これから 死に向かう親子の絶望に


気がつかない訳が無いだろうが

あっという間に通りすぎたオレですら

ナニやら 真っ暗な絶望のオーラを感じていたのだぞ

多分 警察は 心中寸前の親子とかかわった警官の存在を

無かったことにしようとしてるんだろうな・・・・・

今頃

オレの携帯番号から

イロイロ調べて

こりゃマズイ奴に見られたって

頭抱えてるだろうなあ・・・・・

出くわしちゃうんだよ!
オレは

ゴメンよ 都合悪いとこ見ちゃって
[PR]
by t102910291029 | 2016-04-23 09:47 | Comments(0)
<< 家電量販店とインターナショナル... 解決 >>