躾と称した虐待行為

自分のこどもを躾と称して山に置き去りにした父親

彼は100%モラルハラスメントな虐待人間である事は確かだ
妻に対しては完全に調教並びに洗脳済み
娘に対しても嘘の強要に従わせている事で洗脳済みがよくわかる


ワタシは、自分の以前のこの記事を再録しておかねばと思った




「隣に座った少年」
2013-05-19 00:37:10

お昼過ぎに
まさみ君とデパートに行った
土曜日なので混んでいたけど、最上階のフレンチはさすがに待ち時間は必要ない

食事の後
まさみ君が個人的なお買い物をしている間、地下の長いベンチに座って待っていたら、中学生くらいの男の子と両親がやってきた

『お前はここで荷物の番をしてろ!!』
・・・・
父親の嫌な響きの命令口調にぴくりと反応する息子

『はい!私はここで荷物の番をしてます・・・』

なんだ??この返事の違和感は?

父親は短髪にディバックにピチピチのジーンズ、スニーカー・・・神経質そうに不愉快にしかめた眉・・・妻子を連れていなければ一発でゲイ認定するところだ!
妻を指差し、その指を別の方向に差し換える

妻は黙ってそちらに歩き始める

・・・うわーなんだこの一家は?・・実に気持ち悪いオーラ・・・


両親はそのまま荷物と息子を置いて買い物に消える

中学生の少年は父親の姿が見えなくなるのを何度もキョロキョロと確認すると、挙動不審なそぶりでポケットから携帯をそろそろと取り出し、明らかにゲームらしきものを始める・・そんなにオドオドせんでも・・(≧∇≦)・・

その途端

走り寄る人影!

少年の携帯をむんずと取り上げる父親・・・・
『なんだこれは!(-_-#)隠れてゲームしてんじゃねーぞオラァ!!』

『いやこれ最初から入ってるやつです・・・・(;_;)・・』
『そうじゃねえだろ!くちごたえするんじゃねえ!!』
逆上して携帯の角で息子の頭をど突く父親・・・

少年の父親に対する異常なまでの上品で板についた尊敬語と、父親の下品なDQN口調の対比が歪んだ親子関係を如実に現している!(-"-;)・・・・・
こんな喋り方と語彙を持つ父親の胤からは、こんな息子は育たない!

明らかに彼がある程度成長してから新たに突然父親になった継父というやつだろう・・・よくある話だ・・・・

息子を執拗に小突きまわす父親の目つきが尋常ではない・

『あっ!!』
と声をあげる息子に

『誰がやった??俺がやったのか?ああん?』
・・・・・
『いえ・・・自分でぶつけました・・・私が悪いんです・・』
それを聞きニヤリと唇を歪める父親・・・ああ・・コイツDV常習犯だ・・・しかも過去に公的機関に踏み込まれてると見た・・・・・
だから息子を殴っても、いちいち
『私が自分でやりました・・悪いのは私で父ではありません!』
と 被害者である息子に確認し、念を押してるのだ!!
(-_-#)
誰に訊かれようとオマエはそう答えていればいいんだ!なぜなら自分からそう言ったんだからな!当事者のオレに向かっても!それはオマエが選んだことなんだからな!』
っていう念押し・・・・
恐喝の被害者に対して
『オマエは進んで自分から金を寄付したんだよなあ?そうだろ?』
って念押しするのと同じこと・・・


そうでなければ今の一連の会話は成立しない!!

『いつまた公的機関に踏み込まれてもア
リバイ工作だけは完璧』ってわけか!!?
・・・・吐き気がする・・・・・

常習犯のキチ〇イDV人間を父親に持つ不幸・・・・
絶対にあの父親、物陰から息子の行動を見張っていたに違いない

理由をつけてモラルハラスメントを楽しみ、殴りつける快楽を得るために・・・

一連の流れはあっという間であり、私も何が起きているのか?その本質に気づくまでに少々のタイムラグがあった

だから父親がまた消えてしまってから、やっと色々腑に落ちた

ちらりと少年を視ると、諦めに満ちた怯えた瞳と目が合った
下あごが小刻みに震えている・・・

迷ったが

我慢できなかった

『お父さんはなんであんなことをするのかな?』

『えっ?』

『キミは別に悪くないよね?番犬じゃないんだから、荷物の番をしている時にゲームくらいしても何の問題も無いよね?命令されて黙ってひたすら動かずに待っている必要なんて無いでしょ?それじゃあ奴隷か犬扱いだと思わない?』

『はい・・・そう思います・・』

案外素直に話に乗ってきてほっとする

『キミとお母さんがあの父親にどんな扱いを受けているかわかるよ!だけどいつか・・・キミは彼より強くなる日が必ず来る・・・そうなったら思い知らせてやりなさい!! でももし・・・・その前に耐えられなくなったら・・この私の名刺を渡しておくよ・・・・電話しなさい・・・』
少年は素直に私の名刺をうけとり、急いで胸ポケットに隠した

まさみ君がやってきたので私は立ち上がる

『負けるなよ!』

と言うと

『はい』
という応え・・・
目は真っ赤だ・・・・

そしてまさみ君をチラリと見て

今度は顔が真っ赤だ・・・・( ̄∀ ̄)

このタイプのモラルハラスメントDV親父には説教も警告も効果がない
プライドが傷つけられたとさらに陰湿に怨みが深まり
隠れた虐待がエスカレートするだけ

だからわざと父親には会わないで立ち去った
本当はギタギタにとっちめてやりたかったんだけどね!
(-_-#)

まさみ君に
『てるちゃんそっちの趣味もあったの?滅多に名刺なんか渡さないのに!?』
って言われた

まあ・・・そんな誤解も有るか・・・・o(^-^)o






彼は今
ワタシの援助で
施設で暮らしている


母親は助けられなかった
完全に洗脳されていたから・・・・
そしてワタシは時々、彼に会う



古い読者の方には、彼の事を気にしていた人もいらっしゃるだろう

彼はある日、勇気をふりしぼってワタシに電話をかけてくれたのだよ(*^^*)



[PR]
by t102910291029 | 2016-05-31 19:24 | Comments(0)
<< 観た観た!!このムスダン! イヤな夢が露骨に現実化した >>