美人女将

b0365100_19324581.jpg
今日は朝から美人花屋オーナーは、地元の寄り合いだか、同級会だかでお出かけだ
それは

暗黙の了解のもと、美人花屋オーナーの姉の美人女将が離れにワタシを訪れ、乱れに乱れる1日の始まり・・・・

もしかしたら、この二人は、昔からこうやって一人の男を共有していたのではあるまいか・・・・


そこで、ふと思った

ここから下はいわゆる「ゲスの勘ぐり」と誤解されかねない内容なので、そういうのが苦手な人は読まないで!
ワタシはそんな意味で書いているのではなく、まやさんが元々大好きで書いているだけなんだし、まおさんの病気にも心から心配をしているし、回復を祈っている

ワタシは女性に誤解され、叩かれるタイプの女性に魅力を感じるし、そのタイプの女性に好かれる・・・・もしかしたら、このブログを読んでいる女性読者さんも、そこら辺、身に覚えがあるのではないかな?(σ≧▽≦)σ・・・・


まやさんとまおさん
せっかくの麗しい姉妹愛に性的な事柄を関連付けてしまうのを非難されるかもしれないが・・・・あのムチャクチャだった女好きの無頼男が、一年八ヶ月を女無しで我慢できるとは到底思えない・・・・男は3日も経てば、パンパンに溜まってしまうのだから・・・・妹想いの責任感の強い姉が、他の女に走らないように妹の替わりを勤めるというのは・・・・彼女の想いとしては自然な成り行きではないのかな・・・・・・・・勿論、鬼女達にバレたらただじゃすまないだろうし、鬼女達も、その臭いに薄々勘づいているからこそ、ぐう聖なお姉様を叩くのをやめられないのだろう・・・・くだらない話だ


そうそう
一昨日の記事に、元々妻のお姉様が、妹が1ヶ月間ほったらかしにしているワタシの軍曹さんの心配をしてくれたという記事を書いたばかりだよね・・・・勿論、書いた時には翌日にこんな騒ぎになるなんて知ってるワケはない
ワタシの1ヶ月でそれだから・・・・海老蔵の一年八ヶ月はねえ・・・・ありえない長さ・・・・出家でもしてれば別だが・・・・(´・ω・`)・・・・って!・・・・してるか❗!!(゜゜;)
だとしたらひょっとして?・・・・

まあ・・・・無理だろうなぁ・・・・あの海老蔵には・・・・



濃密な姉妹の間には、世の倫理では測れない、また、別の「血汐の倫理」みたいなものが存在しているように思える

それを
ワタシは紫陽花に埋め尽くされた幽玄な離れで
熱い美人女将の肌に溺れながら、確かに感じている・・・・




[PR]
by t102910291029 | 2016-06-10 19:34 | Comments(0)
<< 真由美 植樹祭と裏金 >>