リーマンショック級のピンチ

これはあくまでもフィクションだが

ある日
よう子君がある演説の草稿みたいなものをテーブルの上に置き忘れたままシャワールームに入ってしまった

あからさまな行動に苦笑い????しながら、数日後に三重県あたりで語られるであろう草稿を斜め読みした

勿論、この話はフィクションだ!

濡れた肌に水玉をはじかせながら、よう子君が訊ねる
「で!どう思う?」
・・・・
「どう思うって?(о´∀`о)・・・・」
・・・・
「なにしらばっくれて!(T_T)その中に問題のある一言があるでしょ!決まってるじゃない!(T_T)」
・・・・
「リーマンショック級ってやつ?」

・・・・

「使ってもいいと思うよ!(o^O^o)だってすぐに起きるもの!!リーマンショック級の経済的事件がさ!(o^O^o)あくまでもフィクションだけどね!」

・・・・
「そうなんだ・・・・あくまでもフィクションだけど、もうてるちゃんには見えてるんだ・・・・具体的にわかった時点で、当然一番にアタシに教えてくれるんだから・・・・そこは安心してるけどね!(o^O^o)」

「くれぐれも株は1週間以内に処分しとけよ!(o^O^o)あくまでもフィクションだけど!」

「あははは!あくまでもフィクションだけど株なんてアタシ(o^O^o)持ってないし!!」





そんなあくまでも架空のお話でした・・・・
[PR]
by t102910291029 | 2016-06-27 11:20 | Comments(0)
<< あの夜のキーワードは碑文谷 嘘をついていた訳ではないのだけれど >>