古代ギリシアか?古代日本か?

敵の都市国家が攻めて来るので
湾の入口の高台に住む女神に助けを乞う

彼女は大河の竹内結子の茶々様にそっくりで、きらびやかな着物を着て、何故か蛸を肩に載せている❗

「てるちゃんの頼みならばしかたありませんね!」

と、承知してくれ、湾内に押し寄せる敵の都市国家の船をめがけ、蛸の頭をピカリと光らせた
紅い光線が一気に船を凪ぎ払う

海に投げ出された人々めがけ、今度はもう一方の肩に掛けた薄いストールを投げ掛ける
ストールは人々全てをクルクルと一気に巻き取り、そのまま、元居た都市国家に投げ返した
怪我は無いはずだ

「これでいいのですか?でも、いつも
b0365100_09053960.jpg
いつも護ってもらえると思わないでね!(≧▽≦)私は気まぐれなのだから!」
可愛らしい笑顔
・・・・(^_^;)

そんな夢を観た
[PR]
by t102910291029 | 2016-09-04 09:04 | Comments(0)
<< 夏の終わりの トカレフ >>