乙武離婚


乙武が離婚した

調子に乗ってフケあがり
献身的に支えてくれていた妻をバカにしてないがしろにして辱しめた
それは
障害者を献身的に支えてくれている全ての人達に対する辱しめであり、傲慢な障害者様の被害者意識の裏返しであり、健常者を精神的肉体的金銭的モラル的に従える事への吐き気がする程の選民意識でもある

それは

学生運動時代、在日朝鮮人が、左翼好きの女子学生をイテコマス場合の手口に酷似している
つまりは相手の罪悪感や優しさや贖罪意識につけこんで、結局、女を好きなように弄びたいだけの事なのだからね・・・・
乙武は、それを自分の受け持ちの小学生、大学の同級生、ボランティアの人達、・・・・総ての周囲の人間を支配し、弄ぶ事に全精力を傾けていただけの事だ・・・・

フォークだって学生運動だってアジ演説だって・・・・つまりは女子にモテたいだけの動機に過ぎない・・・・(о´∀`о)
鳥越俊太郎や筑紫哲也や荻上チキや青木理でよくわかるでしょ?(´∇`)

ワタシの父は、乙武を随分と助けてやった
それに対して乙武は侮蔑と嘲笑で応えた

確かに、ワタシの父はあまり頭は良くなかったし、偏見もあった
だが
彼は、少なくともワタシと同等レベルに
「優しい人間」
であったはずだ・・・・


ワタシは乙武という存在を、絶対に赦せない。






[PR]
by t102910291029 | 2016-09-14 21:58 | Comments(0)
<< 奇妙な夢を観た なんだか能力が暴走気味 >>