無花果と枇杷

ワタシが
以前住んでいた屋敷(だってあれはどう見ても屋敷だもん!部屋数は20以上、世田谷に納屋と広大な敷地!)の庭には
無花果の木と枇杷の巨木があった
無花果の実はグチャリとしていて食感が苦手で、虫も多く、若い時にもぎると白い液がポタポタ垂れて・・・・苦手だったのだが・・・・
最近になって、J子ちゃんに、熟した無花果の皮をよく切れるナイフで剥いて、美しく8等分した無花果を、真っ白い皿に幾何学的に並べてもらった姿があまりに鮮烈で・・・・

それから大好物になった!(o^O^o)

母親はその昔、もいだグチャグチャな実を指でグリンと裏返しして、そのままかぶりつけと・・・・(≧▽≦)最低なセンス・・・・

枇杷の木は、自宅屋敷にだけではなく、ヴィオラ奏者と半同棲していた田園調布のマンションの中庭にも生えていて、3階の窓からは、ちょうど良い位置に大量の実が成る

それをワタシが高枝切りハサミでうまいこと収穫して、そのまま食べたり、コンポートにして楽しんだ!(o^O^o)
枇杷のお酒にもした!(o^O^o)


とあるblog友さんがこの2つの果樹を話題にしていた・・・・






[PR]
by t102910291029 | 2016-09-20 10:47 | Comments(0)
<< 再録 「どれを選ぶ?」 赤い髪 >>