架空の話 「ある元アイドルのこと」

彼女は元アイドルだ

今はヤンキーを示す「とある言葉」を、番組の中でのVTR振りの決め台詞として使っていて、その仕草が可愛かったのを覚えている

顎が細く眼が大きい顔の造りと!いかにも細い身体は私の好みではなかったが、サバサバした屈託の無い性格と笑顔はお茶の間に安心感と親近感を与えたのだろう
かなりな人気者であった

そんな彼女が突然、芸能界で見なくなったのは、結婚したから

出来ちゃった結婚だ
今でこそ普通の事だが、あの当時、ベッキー並みに好感度の高かった彼女が出来ちゃった結婚とは、驚きだったが・・・・元々サバサバした芸風であるからして、一般にネガティブにはとらえられなかったようだ

偶然撮影でやってきたカメラマンのアシスタントだった青年に一目惚れして、猛烈なアタックのあげくに妊娠という既成事実を作って結婚・・・・

そして

娘が16歳になった時点で離婚

子供が産まれた時から仮面夫婦だったと・・・・16歳になった娘に「ママ❗もういいよ」と後押しされて離婚したと・・・・
そんな報道を見た
子供が産まれた途端に夫が自分に触れなくなって、関係性が激変したと・・・・

偶然であるが・・・・私は彼女達が住んでいたマンションのオーナーだ・・・・

住人達はゴミの分別をちゃんと出来ない
ぶつぶつ言いながら私は週に一度か二度、ストレージ室で整理と分別をせざるをえない。

ある日

紙袋1つ分の8ミリビデオテープが出されていた
その中に一本だけ、白いパッケージの8ミリテープがあった
ちょうど自分で彼女とのとある行為を録画する予定があった私は、その一本を使おうと持ち帰ったのだ

数日後
部屋の隅に置いた白いビデオテープがナゼか気になり、再生してみた

誰かのプライベート撮影だ・・・・映っているのはサラサラのロングヘアーをなびかせた・・・・長身でとても美しい男・・・・

どこか南国のリゾート地の豪華なコンドミニアムの部屋だろう・・・・男はお洒落なテーブルに座り、分厚く大きな写真集を捲っている・・・・

映しているのは女性らしい
声が入っている・・・・どこかで聴いたことのある、少し低い特徴的な声だ・・・・倍音というのか・・・・

そのうちにカメラが固定されたらしく、動かなくなる

画面左から髪の長い女性が飛び付くように男の横に座る
カメラに見せつけるように美しい男の頬や髪にキスをし、じゃれかかり、その合間に男の捲る写真集を覗き込み、時折、目を丸くしてみせたりしてる
「こんなことしちゃうんだぁ~( ・∇・)」
などとニヤニヤする仕草が可愛い
ネイティブアメリカンっぽい服を着ている・・・・悪いが色っぽくはない!(o^O^o)

二人が視ているのは、どうやら海外のエロ芸術の写真集のようだ

明らかにエロいページに差し掛かると、元アイドルは美しい男にキスをするが、男の方からはしない

拒みはしないが積極性は無い・・・・関係性が心配になるが・・・・元アイドルは全く気付いていないのだろう・・・・
そういった一方的な性格なのがよくわかる

一流芸能人の彼女に一目惚れされ、多分、ただの田舎者で才能もあるんだか無いんだかの流され易い・・・・経験の乏しい・・・・美しいだけのカラッポな男がそこにいる・・・・

一方的に一流芸能人である彼女のペースで連れ回されて、海外の豪華なコンドミニアムでお洒落な新年を迎える・・・・

そして更にビデオテープは回る

彼女が持っているカメラに、美しい男・・・・の顔のアップが映る
すべらかな長髪と程好い胸のなめらかな筋肉
少年から青年にかけてのきわめて短い間にしか存在しない、エグさや汚なさや自己主張の無い・・・・ノーブルな肉体が映し出されている

上になる彼女の腰の動きに、美しい男の眉がしかめられ、二人の甘い声が重なり・・・・画面が激しくぶれる・・・・
ここでも美しい男は控えめで・・・・醒めている


不意に画面は延々と水平線を映し出す
徐々に赤い光が射し
朝焼けが色を増し
太陽がのぼる


画面はまたかわる

埠頭で釣りをする美しい男・・・・カウチンのセーターの背を丸め、岸壁に長い脚を投げ出してしょさい無げに糸を垂れる

カメラを持つアイドルのはしゃぐ声とは裏腹に、美しい男の戸惑いさ加減は気の毒なほどだ
彼は完全にインドア派のようだ・・・・(´・ω・`)
「全然釣れません・・・・」
男の小さな声が入る

どう見てもアウトドア派のアイドルが、このとんでもなく美しい男をどうしたいのか?・・・・(´・ω・`)

外見だけが完璧に自分の好みの男を強引に連れ回し、自分の気持ちだけを押し付けて相手の想いには一切配慮しない・・・・
そんなアイドルの姿が透けて見える

妊娠し、子供が産まれた時
美しい男の態度が変わる・・・・それは・・・・私には必然的な事のように想えた

そんな白い8ミリビデオテープが
今も私のベッドサイドの棚にポツンとある


この話はフィクションだ・・・・(´・ω・`)






















[PR]
by t102910291029 | 2016-10-30 09:59 | Comments(0)
<< 寒い夜に走る 昨夜の最低な自由律 >>