タイムテーブル

b0365100_00031086.jpg
生涯の悲願だった
「日本の核武装による自国防衛」
に道が拓け、大元帥はいつになく元気でイキイキとしていた
様々なタイムテーブルを思い描いているようだ
原発を無理矢理維持してきたのも、この時のためだったのだからね!

よう子君から「トランプと阿倍ちゃんとの会談が、開票前にトランプ側に打診しておいたのですんなり決まった」との秘密情報を得ていたので、大元帥への手土産にしたら、いたく喜ばれた
まあ・・・・そろそろマスコミ発表される頃だろうがね・・・・
これは、事前にトランプ勝利を知っていたからこその快挙だと言えるが、その理由については、すぐにCIAからトランプにレクチャーがあるだろう・・・・彼はもう、実質的に大統領だ
知っておかなくてはならない世界の秘密は、もう、知っておくべきなのだからね。

前にも書いたが、J子ちゃんルートはトランプと太いパイプがあり、それの全く無いよう子君サイドから要請があれば紹介するのも吝かではない。(´・ω・`)・・・・ただ・・・・いろんな面で利害関係が対立する上に、どちらの女性も女性に厳しく、強いので・・・・

直接の接触は避けたいものだ・・・・
ブライス女史と大元帥まで絡むと、もう、複雑過ぎて手に負えなくなる

「君みたいな能力者が息子だったならばどんなに頼もしいか・・・・」
と言われても、
「ワタシはちょっとそれは勘弁して欲しいですね!(o^O^o)」
と応えるしかない

ワタシの能力は、多分、祖父からの隔世遺伝
もし、ワタシがあんたの息子だったら、ただのボンクラだぜ!(o^O^o)本当のご子息みたいにね!(o^O^o)

とは、なかなか言われない。言っちゃったけどね!(o^O^o)

彼の娘みたいなブライス女史の愛人ってことで満足してもらうしかない
ワタシは彼の手下でもないし、手駒でもない。ただの歳の離れた友人であり、恋敵でもある?(o^O^o)
それを言うと彼は実に嬉しそうだ。
彼みたいな人間には、本当の友人は数少ないはずだからね










[PR]
by t102910291029 | 2016-11-11 00:03 | Comments(0)
<< 読書の誘惑 そろそろ赤い球が出るかもしれん... >>