オラついた運転

会社でノンスタイル井上の事故の状況をミヤネ屋で見た

とてもよく知っている場所だ
片側一車線でT字路
右側は右折専用レーンになっているから、右からノンスタイル井上が被せるように追い越しをかけるということは、タクシー運転手からしてみれば
「右折するとばかり思ってたクルマがいきなり前に割り込んできた!」
という事になる
これは不意打ちであるし、予想できない

当たるに決まってる!(≧▽≦)

実は、このような車線無視の運転・・・・関西では日常茶飯事なんだよね
右折レーンが混んでいると、直線レーンを走っていたヤンキー車が、いきなり交叉点で追い越しざまに右折する
勿論、ウインカー無し

殆どの交叉点で見られる光景だから、抜かされる右折車も心得たもので、別に焦らない
だが
東京の交叉点では、こんな違法右折するバカはまず、無い!
だからナニワや滋賀ナンバー車にこれをされると、一瞬交叉点がパニックになるのだ。(^_^;)

ノンスタイル井上の追い越しも、形態は違えど、同じ思考回路のもとに起きた事故だ。

こういっちゃナンだが、大阪、四国、愛知の免許では、世田谷区の道は運転出来ないようにしたらどうだろう?(^_^;)




[PR]
by t102910291029 | 2016-12-13 14:57 | Comments(0)
<< 毎回書くけど 限界の無いひと >>