愛とビジネスと

ちらっと書いてしまったので
気付いている人もいるだろうが・・・・

最近、J子ちゃんとは仕事でのパートナーシップは絶好調だが・・・・肉体関係がうまくいっていない・・・・( TДT)

ワタシは以前と同じようにその気まんまんなんだけど・・・・

どうやら、初めは一人の男と女として出逢い、恋におちたのだけれど、その時には純粋に互いの人間性に対する魅力だけに溺れあっていたのだ・・・・だからセックスも激しく求めあった・・・・

そのうちに、彼女のビジネス規模があまりに巨大に拡大し過ぎて、まともな管理者や経営者の人材不足が深刻化してしまっている事を知り・・・・見かねたワタシがあれこれ助け始めたんだけど・・・・

ビジネスのシーンでの私達は、周囲の目もあり、あまりイチャイチャ出来ない場面もあり、言葉使いもそれなりに節度が求められる事になる
それまでは、一緒の時は3分に1度はどこであろうが誰が見ていようがキスしてたし、手も繋いでたのだが・・・・( TДT)

そして彼女は器用な人間ではない

ビジネスのシーンでワタシが・・・・その・・・・いわば神がかり的な洞察力や決断力を示し、不可能を可能にしてしまうのを目の当たりにして・・・・

困った事に・・・・ワタシを尊敬し始めてしまったのだ・・・・・・・・・・・・ワタシは別にいつも通りのワタシであるだけで、あの能力があるというだけにすぎない・・・・だから尊敬されるのはお門違いなんだよ

繰り返すが彼女は器用な人間ではない・・・・

彼女は昔、尊敬を愛と勘違いして結婚し、失敗している
それを痛烈に意識してしまっている事から・・・・今度はどうやら、尊敬している事と愛している事が両立しないと固く信じてしまったらしい・・・・( TДT)無意識のうちにね・・・・

痛恨の極みだが、もはや後戻りは出来ない。
ワタシが支えなければ彼女の帝国はアッサリと崩壊してしまうだろう・・・・( TДT)それほどまでに人材不足は深刻化しているのだ・・・・( TДT)

そんなわけで

J子ちゃんとの肉体関係はご無沙汰なのだ・・・・( TДT)
だからといって嫌われているとか愛が色褪せたのではない・・・・愛の形が彼女の中で変わっただけであり、そこにワタシがうまくシフトして乗りきれていない・・・・というだけなんだ・・・・・・・・

ここで拗ねたり、彼女を問い詰めたり、強引に事を運んだり、悩んで不機嫌になったり、男としての自信をうしなったり、逆に虚勢を張ったり・・・・泣いたり・・・・

そんな事をすれば、一気に彼女に軽蔑されたり失望されたりするであろう
それでもワタシは仕方ないけれど、それでワタシが手を引けば、たちまちに様々な崩壊が待っている・・・・・・・・


普通は、仕事でのパートナーシップが恋愛に移行する

逆のパターンはなかなかに難しいのだ・・・・











[PR]
by t102910291029 | 2016-12-13 14:59 | Comments(0)
<< ミランダさんお泊まり 毎回書くけど >>