血生臭い初夢

初夢は
とんでもなく血生臭いものだった

ワタシの家に裸の女性がフラリと入ってくる
左肩と脇腹に大きな裂傷があり、血がダラダラと流れている

ムッチリとしたパツンパツンの体型は、あまり私には馴染みの無いそれだ
顔はよくわからない
多分、見たことの無い顔
髪はショート
寝ていたワタシの上に倒れ込まれたので、とにかく彼女の重量感と冷たさが響く
なんとかしてあげなければ・・・・

夢の中だって事がわかっているし、多分、彼女は既に死んでいるか、或いは生き霊としてワタシの家に翔んで来たものだと考えられる
その、生々しく深く裂けた傷も、彼女の肉体にうけたものではないはずだ。
冷たい彼女の裸の肉体をベッドではなく蒲団の中で抱き締め、素肌で暖めようとする
白いシーツが瞬く間に血液に染まり、鉄の匂いが漂う
彼女をワタシの上に載せ、手足をできるだけ絡ませてオーラをダバダバと注ぎ込む
耳元で囁く
「もう大丈夫だよ・・・・傷はきれいに治してあげるから・・・・痕が残らないように縫ってあげる・・・・」

そうだ!
彼女の肉体と肌の感触とムッチリとした重量感!
昔むかしつきあっていた歌舞伎町ビル持ち女子高生に似てるかも?!

彼女になにかあったのでなければよいのだが・・・・(о´∀`о)
メールでもしてみよう

[PR]
by t102910291029 | 2017-01-05 11:25 | Comments(0)
<< 流血 鈍感は治らない >>