再録 津波

そろそろ311が来る

だから、ワタシが大震災の前日にアメブロに書いた明晰な予知夢記事を、こちらにも再録しとこう

よければアメブロに跳んで、オリジナルの記事を見てもらってもいい
「テルリ 津波」とかで検索すれば、容易に見つかるだろうからね


津波
2011-03-10 10:24:22

テーマ: ブログ
うっかりNHKをつけっぱなしで寝ていたらしく
ずうっと 女性アナウンサーの 津波 津波 津波 津波・・・・・・・・・
という声を聞き続けていたみたい!

津波に呑み込まれる夢をみた

沖の方に フロオケ の 先が尖ったような
ドン臭そうな舟で出掛けていると

向こうから 大きなウネリがやってくる

船長っぽい痩せた男が
マズイ 巨大津波だっ
て言う

あわててエンジン全快で よせばいいのに 港の方へ引き返す俺達

プラスチックのフロオケにエンジンつけたみたいな舟なんで
チョロQみたいに フラフラ走って 不安定極まりない!


後ろを振り向くと

どんどんせりあがっていく水の壁!

港に入ると 大声で叫びまくる!

津波だあ!!にげろお!! 走って逃げろお!!

人々はパニックになって 大混乱に陥る

そのまま舟は 川を遡上しはじめる 降りてる場合じゃなくなってるし 走って逃げるより
ボートであちこちぶつかりながらもチョロチョロ逃げる方が速い!
その間も
私は叫び続けている

多分 寝言でも叫んでたらしい・・・さっきらむちゃんに

なんか 逃げろおぉぉぉって 寝言言ってたよ!

って笑われた!
(そうです、昨夜はらむちゃんと二人きりだったんだけど、変な夢みちゃったね)

そのうち 船長はいきなり舟を川岸のボロ家に突っ込んだ

そこは彼の家らしい

息子らしきのが二人いる

あれ持って逃げるぞ!!!

何だろうと見てると タバコのカートンだ
・・・・・・・・・

人によって 宝物は違うんだなあって
変なとこで 腕組んで感心・・・・・

してる場合じゃなく、そこからは 走って逃げ始める

振り向くと 水の壁は
街の全てを呑み込み

ますます高く圧倒的にそびえてる!


船長の家の奥の壁が
不自然にレンガで積み上げられている

どうもアヤシイ・・・・・・
ロープレだったら ナニカ仕掛けがある匂いがプンプン!!

足元には何故か丸太が・・・

船長の息子二人と協力して 丸太でドカン!!
案の定 細い直線通路が!

できるだけ水が入らないように 入口を大急ぎで塞いで

走り出す


途中 何度も津波に追い付かれかけて くるぶしまで濡れては 全力疾走するって繰り返す

街はめちゃくちゃになって

コンビニやら
立ち飲みの居酒屋やら
街の靴屋さんやら

それぞれ 呑み込まれるのが よくわかる 立ち止まって 視てるみたいに・・・・・

靴なんか 白い上履きがプカプカ浮いてる!
居酒屋の炭に海水がかかってシュワアって白煙が挙がる!!

それでもドンドン逃げて行き

一つの駅につく

シアターみたいに座席が並んでいるけど これが乗り物なことは何故か知っている・・・・・
廻りには 避難民にはとても見えない優雅な格好した紳士淑女?と子供達(ドレスやエナメル靴、縦巻きロールのアリスみたいな感じ?)

ひそひそ話で

『この惑星も もうダメだね!』

『案外気に入ってたんだが・・・』

『随分長続きした方ですわよ!』

『一つ前の星!ありゃあ 見た目は良かったけど、あっという間に滅亡したなあ』

『ほんとに! 随分投資したのに 大分損しちゃいましたよ!あははははっ』


そして一人の紳士がワタシに話し掛ける

『君は随分と 原住民に肩入れしてるって噂だけど・・・・・最近母星のやり方に批判的な勢力がいるやに聞くけど・・・・・・まさかそんな仲間に入って無いだろうね!父上がお聞きになったらさぞやお嘆きになるからねえ・・・』



どうやらワタシは 記憶を少し無くしているらしいってことに

気付いて・・・・・・

目が醒めた・・・・・・・・・・


ワタシの見る夢にはオチがない
あくまでも夢をそのまま書いてるだけだから





[PR]
by t102910291029 | 2017-03-07 20:19 | 予知夢 | Comments(0)
<< 能力伝播 戦時態勢に移行 >>