お笑い同調圧力

今や
日本のお笑い界を完全に支配している松本人志が、空気の読めない似非脳科学者の発言にイラつき、噛みついた

まず

あのモジャ頭は常に的外れで空気を読めない発言をする事で飯を食い、水を飲み、呼吸をしているのだ

そして
日本における松本人志を頂点とした一糸乱れぬお笑いの鉄則とは
「そんなアホな!」
「それはアカンやろ!」
「普通言うかそんなコト!」
「こいつアカン感じの奴や!」
「どう対処したらエエかもうわからん!」
そんな
「空気を読めない」
人間を
「完全に空気を読んで」
ウマイ感じに演じてみせ
そこを濱田に
「エエ加減にせぇ!」
とド突かせる

つまりは
「お笑い界の常識という同調圧力ありきの笑い」
で全てを牛耳ってきた訳だ

そりゃあ、ほんまもんの「空気を読めない人間」が部外者として自分達のお笑い界を批難するのを
「許す」
わけにはいかないのだろう・・・・

だから、この件に関しては爆笑出来ない爆笑問題の太田といい、松本人志といい、正面切ってモジャ頭に不快感を表すしかないのだ・・・・

それでモジャ頭がすり寄って来れば、うまいこと取り込んで
「エエ加減にせえ!(○_○)!!」
と、モジャ頭を濱田がド突けば一件落着するという訳だ


ワタシは、この、伝統的な日本のお笑いシステムが嫌いではない
だが
別のナニかがあってもいいんじゃないかとも思うのだ・・・・( TДT)





[PR]
by t102910291029 | 2017-03-20 15:58 | Comments(0)
<< 石原慎太郎を死んだと感じた日があった 100万の意味 >>