散歩

昼頃までには仕事が終わり

なんだか最近色々疲れてるので、ワタシは武家屋敷に帰り、秘書様はそのまま会社へ帰った

縁側でボンヤリ日向ぼっこしていたら暇形さんが来た

「てるちゃん!お昼まだなら向かいの寿司屋に行こうよ!\(^o^)/」
・・・・
まあ・・・・ナニカ食べなければならないし・・・・

「言っておくけど、向かいの寿司屋の店主は顔も性格もザキヤマそのものだからね!( ´△`)・・・・けつあごも・・・・おかみさんは美人だけどさ!\(^o^)/」


フラフラ玄関から出て道路横断したら・・・・「水曜定休日」の札が・・・・マジかザキヤマ!❗( ´△`)

天気もいい事だし、そのままワタシと暇形さんはテクテクと散歩を始める

一応、3つの方角がリストアップされるが、今日は一番オシャレな街の方角へ・・・・

・・・・お忍び芸能人がウロウロ徘徊するこじゃれた隠れ家的な店が点々と・・・・

「てるちゃん!この店!チョコレート工房だって❗スゴい!\(^o^)/ステキ❗」
・・・・
「マズい・・・・(^_^;)」

駆け込む暇形さんを今更止めるわけにもいかない・・・・

早速、可愛いお姉さんが暇形さんに試食を・・・・チョコ大好き💕な暇形さんはマスクなんかしてない・・・・もはやバレバレで片っ端から味見しまくる・・・・

「えっと・・・・こちらには初めてのご来店・・・・」
ここでお姉さんがワタシの顔を視て・・・・ハッ(゜ロ゜;とする・・・・
「では・・・・ないですよね・・・・(^_^;)以前1度夏に確か・・・・あの時は○○さんと・・・・あっ!」

・・・・
だからハッキリ名前言っちゃうかな?( ´△`)このシチュエーションでさ!😒💢💢・・・・

「今更お口押さえても遅いと思うよチミチミ!」
って笑うしかない!

もう

すすめられるがままに試食しまくり、チョコレートドリンクも飲んでる暇形さん・・・・(^_^;)あの・・・・これからお昼ゴハンなんですけど・・・・( ´△`)

しかたないので、可愛い店員のお姉さんとも仲良しになり、1枚1500円の板チョコを3枚買う事になる・・・・今日は金・・・・無いのに・・・・

ブライス女史や暇形さんみたいな女性の連れのオッサンが、さんざん試食しただけでハイさいならは赦されないよね・・・・さすがに・・・・( ´△`)

「次回、ワタシが誰か別の美女を連れて入って来た時には、今度こそ初めての客みたいなフリしてね?(^^)v」

作ったチョコレートを味見で食べ過ぎなのか?鼻の頭に今時珍しいちっちゃなニキビが2つある可愛い店員さんと爆笑して別れ

これまた洒落乙なビストロでランチだ・・・・隣の席に三世代の一家が座る・・・・
自分をグランマと喚ぶ派手なおばあさまと娘二人と孫の姉弟・・・・弟が生意気でイラつく・・・・少し遅れて・・・・明らかにハーフな美少女が気だるげに席につく
グランマは少しだけ大きな声でハーフ孫娘に尋ねる

「先輩のベッキーちゃんはどんな様子?」
・・・・なんだよ・・・・孫娘は芸能人の端くれか?サンミュージック所属の( ´△`)・・・・自慢なんだろうな・・・・顔は見たこと無いけど・・・・

「知らない・・・・元気みたい・・・・」

たっぷりなロングの髪が皿に近づくのを気にして、隣の席のオバサマがゴムで彼女の髪を纏めてあげる
手伝いをするでもなく、縛りやすく頭をかしげるでもなく、当然のように侍女のように叔母を使うハーフ孫娘・・・・
ナイフフォークを使う手を止めもしない・・・・

ナニサマ?
ちょっと可愛いからと、グランマはじめ家族全員から甘やかされ、女王様扱いされ慣れている様子をチラ見して
暇形さんの唇が動く

「ナニサマ?」

ワタシの意見と完全に一致だ・・・・

誰だか知らんが・・・・全然可愛くないわ!特にオーラが汚い!
























[PR]
by t102910291029 | 2017-03-30 19:44 | Comments(0)
<< 和菓子とアップルパイ カンバルニー火山噴火 >>