能力に無頓着

ワタシのblogを読んでいる方々は

ワタシの持つ特殊な能力についてどう思ってるのか?・・・・

「ただの偶然」「はったり」「後付け」「インチキ」「誇大妄想」「思い込み」・・・・「凄い力」「羨ましい」「俺にあったら」「大変そう」・・・・「超人」・・・・「神か!」

「抱かれたい!」ってのが一番嬉しいかな?・・・・( ´∀`)


ワタシ自身、この能力は生まれつきであり、人間が五感を持っているように、ワタシは未来予知という感覚を持って生きてきた

「あの人はこの先で転ぶのに、なんであんなに急いで歩くのだろう?」
「あの人は自分の命があと2ヶ月だと知っているのに、なんで背後の黒い陰を追い払わないのだろう?」

・・・・小さい頃は不思議でならなかった

小学校高学年や中学生になると
「テストや模試で出る問題がわかってるのに、なんでみんな満点がとれないのかな?」

やはり不思議でならない・・・・

武道を始める
「次に相手がどんな技を仕掛け、どこを突いてくるかわかっていて、みすみすやらせるワケ無いじゃん!(^_^;)」
となる・・・・

マージャンを覚える
「当たり牌がビカビカ妖しい光で輝いているのに、なんでみんな平気で捨てるかな?(^_^;)」

・・・・


ワタシは自身の能力に無関心だ

そんな能力を喉から手が出る程に渇望し、ワタシを心底羨ましがり、妬んでいる人には申し訳無いのだけれど・・・・

オカルトジャンルや予知板の男には多いみたいだけどね・・・・


悪いが
ワタシ以外で未来予知が出来ると言っている人間と、ワタシの観た未来が異なっていたら、その時点でその先宇宙は2つに別れて進むはずだ
いわゆるパラレルワールド!

つまり、世界に未来が観える人間は同次元にただ一人しか存在し得ない

わかりやすいでしょ?(^_^;)



[PR]
by t102910291029 | 2017-04-30 08:10 | Comments(0)
<< 夢渡り やはりミサイル発射したか・・・・ >>