トーハンの闇と犯罪

ワタシは昔から出版業界の仕事もしているために、今回の文春の不正には呆れ果てた・・・・が・・・・週刊誌はどんなゲスい手も使うから、文春に関しては
「さもありなん」
位の感覚でしかない

最も積極的に非難されるべきは、取り次ぎ会社
「トーハン」
が、この不正に積極的に関わっていたという点だ!(´д`|||)

書籍も雑誌もだが、日本ではまだ、書店に並ぶ書籍や雑誌の殆どは、二大取り次ぎ会社である「トーハン」と「日販」を通して流通されている

新刊書や雑誌を発行する時、出版社の営業担当は、見本の早刷りや中吊り広告、新聞広告のゲラ刷りなんかを持参して、「トーハン仕入れ部」に参内するのだ
そこで様々な交渉をして、「トーハンに買ってもらう部数」を決定する
それに基づいて印刷製本数を決めるのだ

週刊誌の場合は、まだ見本誌が刷り上がっていないので、中吊り広告などで大体の内容を仕入れ担当者に知ってもらい、反響が大きそうならば納入量を増やすといった事になる
当然、その場で一人のトーハン担当者が決定なんか出来ないので、それなりの会議で部数は決められる・・・・そのための資料として渡した大事な中吊り広告だ!


勿論、ライバル誌の営業担当が近くにいれば絶対に内容を知られないように細心の注意を払う

ところが「トーハン」仕入れ部の窓口担当者が、文春に買収されたか何らかの利益供与を受けたのか・・・・或いは文春お得意の色仕掛けに堕ちたのか・・・・

絶対にしてはいけない事をしてしまったのだ・・・・(^_^;)
部数決定の資料として渡された新潮の中吊り広告をあろうことかライバルの文春の美人営業に渡し、コピーさせていたのだ!(´д`|||)

その窓口担当者・・・・ワタシは知っている・・・・(^_^;)
ハゲなので性欲は強いんだろう・・・・名前はまだ出さないでおいてやろう・・・・

今回の事、文春はいつも通りの会社を挙げてのなりふり構わぬゲスさを発揮しただけだ・・・・露ほども罪悪感もあるまい・・・・ドロボーは盗む事が仕事・・・・警察は捕まえる事が仕事・・・・今回は警察がドロボーに加担した構図だ❗

つまり問題は、「トーハン」の重大な背信行為だ❗


これはある意味、銀行員の「横領」よりも悪い!
金を盗むのと知を盗むの・・・・ワタシにとっては知を盗む方が遥かに悪い!

ただ、出版メディアは「トーハン」を叩けない(ToT)んだよね・・・・意味はわかるでしょ?

[PR]
# by t102910291029 | 2017-05-18 15:14 | Comments(0)

ランチタイム

案の定
深夜2時にお姉さまがやって来て
「てるさま!○○さんランチに行きましょう!」
・・・・

だからさあ・・・・(^_^;)君達はヴァンパイヤか?(ToT)・・・・深夜2時にランチタイムって・・・・
悪いがブライス女史は既にワタシの精をたっぷり胎内に飲み込んでお腹いっぱいキラキラに輝いているんだけどな・・・・(^_^;)

結局、いつもの店でシャトーブリアンのステーキとマッシュポテトと赤ワインとブランデー.と山盛りのフルーツ・・・・(^_^;)・・・・どんだけ肉喰らうんだよ!(´д`|||)・・・・食後にコッテリとエスプレッソまで飲んでしまったよ・・・・(^_^;)これでもうワタシ!3日は眠れないわ!(´д`|||)

ブライス女史はあの一件以来、アルコールは控え目にしていなければならないし、食事も気をつけてる
まあ・・・・原因は体内に埋め込んだ異物が破裂して流れ出した事であるから、気休めにしかならないが、新たなアナフィラキシーショックの原因を増やすリスクはおかさない方が身のためだ・・・・

マンションに帰って来たのだが・・・・お姉さまが部屋に帰らずに居座ってる・・・・(^_^;)・・・・
「お気になさらずに愛し合って下さいな・・・・」
・・・・
まあ・・・・部屋は迷う程あるし、ベッドも五つ・・・・じゃなくて六つある・・・・
構わないのだけれど・・・・お姉さまがいるとブライス女史が違う人になっちゃうのが困る・・・・
わかるでしょ?

同性の友達の前とかビジネスシーンだと恋人に接する態度がいきなり変わる人っているよね?男が多いと思うんだけど、
でも、男っぽい女子もそう!!
J子ちゃんやブライス女史が典型的❗
ヴィオラ弾きもそうだった!(^_^)・・・・仕方ないとは思う・・・・本来、彼女達はそこら辺の男どもより、遥かに有能で理知的であり、優れて能力が高い!
ワタシと居る時にだけ、弱味を見せてリラックスして甘えられるのだ・・・・

ワタシは逆
意地でも態度や言葉遣いや接し方を変えない❗

愛する人に対して愛してないふりをするのを、TPOに合った態度だとは思わないからね!!

それだけの事だ・・・・





[PR]
# by t102910291029 | 2017-05-18 11:33 | Comments(0)

プライベートエレベーター



赤坂の10億ションには
地下駐車場から室内まで直結するプライベートエレベーターがある
ブライス女史が他の住民に目撃されずにクルマから直接ワタシの部屋にやって来られるなど、便利な事は便利なのだが・・・・

問題は月1の定期的なエレベーター点検にワタシが立ち会わなければならないということ・・・・(^_^;)

マンションの共同エレベーターならばコンシェルジュなり管理人が立ち会うのだが、私的なプライベートエレベーターは鍵や防犯上の問題があり、他人まかせに出来ないのだ・・・・(^_^;)

今日も、午前中は集中してガンガン仕事をして、急いで10億ションまでやって来たところだ・・・・

作業員が点検している間、ブライス女史がワタシが独りで居る事をコンシェルジュからのご注進で知り、さっそくほぼ裸にエプロン状態で頬を染めてやって来る・・・・(^_^;)
今日の下着は白の網タイツ・・・
ブライス女史は化粧を落としたスッピンの方が、格段に可愛い

明るい部屋で窓を開け
都心とは思えない空と樹木を眺めながらゆっくりと愛し合う


風も気持ちいい




[PR]
# by t102910291029 | 2017-05-17 23:42 | Comments(0)

阿川佐和子さん結婚

阿川佐和子さんが結婚したそうな
お相手は69歳の元大学教授?

そういえば大分前に、阿川佐和子さんの夢を観て、blogに書いたよね
夢の中に、故人としてではあるが大学教授っぽい老人が出てきて、阿川佐和子さんは彼の集めた本に惹かれていたのにも意味があったのだろう・・・・
未来暗示としては、実にスマートな形で現れてる


再録しとこう




「蒼穹の馬」
2012/12/28(金) 午前 9:14


阿川佐和子さんが夢に出てきた

ワタシは、中学、高校生時代に住んでいた家にいて、阿川佐和子さんはその家に下宿している

彼女はまだ若く、二十歳そこそこで、ワタシは今の年齢・・・・・
路地の行き止まりの自宅から商店街へ抜ける途中の曲がり角に、小さな古い木造の家がある

その 半ば朽ちかけた家には、老婆が住んでおり、低いブロック塀越しに覗ける部屋の中には、沢山の本が並んでいるのが見える

死んだご主人がナニやら小さな文学賞の主宰者だったらしい・・・・・

下宿人である阿川佐和子さんは、その家の中に見える様々な詩集や稀稿本、思想家の著書に、とっても興味があるらしく、前を通る度に、あの大きな瞳をキラキラさせて覗き込んでいた

そしてとうとう、ある日ワタシに頼み事をしてきた

『テルちゃん!私、あの角のおうちの本が気になってしかたないの!お願い!あそこのお婆さんを私に紹介して!』

ワタシだってあの老婆とは話もしたこと無いのだが、あまりに必死に頼まれるものなので、しかたなく阿川さんを連れて件の家の玄関先から声をかけた

北向きの玄関先は暗く湿った雰囲気で、古い木造家屋特有の朽ちた匂いがした

何度か声をかけると老婆が出て来たので、
『ワタシはこの三軒先に住む者で、下宿人のこの者共々、いつもお宅前を通りかかる度に垣間見える 貴重そうなご本の数々に心惹かれておりまして・・・本日意を決しまして・・・どうか見せていただきたいと・・・・』

持参した菓子折りを差し出すと、

『あらあら、そういう事でしたらどうぞご遠慮なくお上がりくださいな!亡き主人の集めた収集物ですので、趣味の方に見ていただけるのは嬉しいことです!』

そこでそれから毎日ワタシと阿川さんは玄関先から少し中に入れてもらい、不思議な書籍のコレクションを楽しむことになった

背のあまり高くない阿川佐和子さんは、
『アレ!』
と、指差す
どうせワタシが取っても、隣のやつを間違えるのがオチなので、彼女の腰を抱き抱えて高い高いするみたいにしてあげていた

そのたびにクスクス笑う彼女は、なんだかワタシまでもこそばゆいくらいにチャーミングに感じられた


沢山の不思議で面白い・・・見たことの無い古い本を読み
とても充実した日々だった

『蒼穹の馬』
と云うのも、その中の詩集の題名だ

そんな夢を見た

とにかく阿川佐和子さんのアイアイみたいなまん丸のウルウルした瞳が印象的な夢だったよ!!




思うに
阿川さんは、この沢山の魅力的な本に魅了されるように、お相手の大学教授の知識や人格に惹かれたのだろうね・・・・

同じ才女でも、菊川怜ちゃんとは男選びのセンスが段違い❗?

[PR]
# by t102910291029 | 2017-05-17 23:39 | Comments(0)

因果応報

ワタシの別荘は坂の上にあり、眺めは良いが歩いて急坂を登らなければならない
隣の家・・・・というか眼下の家には、コンプレックスで凝り固まった被害妄想ババア夫婦が住んでいる

いつも憎々しげにこちらを仰ぎ見て、聞こえよがしに悪態をつく
しかもそのギャアギャア声は、まるでカラスの鳴き声そっくりなのだ
嫌がらせに庭で落ち葉焚きをして煙をもうもうと立ち上らせるから、すかさず上からホースで水撒きするふりしてビシャビシャに鎮火させてやる
ギャアギャア喚くから
「あれ?火事かと思った!\(^_^)/」
ってとぼけてやると、更に顔真っ赤で逆上して面白い!p(^^)q
常にワタシに見下ろされているとの意識があるのだろう・・・・ことごとく嫌がらせを仕掛けてくるが、毎回ワタシにバカにされ、笑われ、手痛い反撃をされて負けるのがパターン・・・・
1度なんか、ゴミ集積所にワタシが大量の携帯用ガスボンベを捨てたと冤罪を着せて町内会の子分を引き連れて怒鳴り込んできたから、ここぞとばかりに地元警察を呼んで真犯人を特定させ、万座の中で恥をかかせて謝罪に追い込んでやった事がある
大体、うちにはガスが通っており、携帯用ガスボンベなんか必要無いのだ

憐れな人格障害ババア・・・・

一昨日、坂の途中で座り込んでいる一人の太った婆さんがいた
坂の下でタクシーを降りて、20歩ばかり歩いたところで座り込んだのを、ワタシも買い物帰りに歩きながら見ていたのだ
どうやら誰かのタクシーに便乗してきたらしい
そうでなければあのタクシー、玄関前まで付けるだろうからね・・・・

その時点で、その婆さんが隣のクソババアだとは気づいていない・・・・顔なんかに興味無かったし、関心がそもそも皆無だからね

ワタシには、重そうな買い物袋抱えた婆さんとしか見えてなかった
いつもの調子で声をかける
「大丈夫?この先、坂を上るなら荷物をお持ちしましょう(^_^)重いでしょ?」

「いい!💢」

ん?・・・・なんか聞いたことある嫌な声?

「そんなこと言わないで、見てたけど、歩き始めてすぐに座り込んだよね?・・・・顔色も赤黒くて悪いし・・・・胸が苦しくて痛いんじゃないの?無理しないでさあ・・・・他人の親切は受けてもいいんだよ!(^_^)年寄りなんだからさ!」

ワタシがとっておきの笑顔で話しかけると大抵の場合、女子供年寄りは喜んで警戒心を無くす!男にはそもそも笑顔で話しかけない!

しかしナゼかこの婆さんは例外
「ウルセエ!関係無い!!・・・・近寄るな!さっさと消えろ!」
・・・・なんだよその態度・・・・

「あれ?・・・・そのカラスみたいな鳴き声・・・・隣の○さん!(T△T)?・・・・なあんだ・・・・心配して損した!(´д`|||)・・・・あんた・・・・それ・・・・狭心症のケがあるだろ・・・・血圧高そうだもんね・・・・小さな発作起こしてるよ!ほっとくと死ぬぜ!p(^^)qアハハハ!じゃあ荷物は自分で持って上がりな!せっかく親切に助けてやろうとしたのに・・・・救急車呼ぼうか?」

「黙れ❗おまえなんか関係無い!消えろ!よけいなことするな!」

「ふふ~~~ん・・・・お大事にぃ~~あんたまた発作起こすよ!すぐに!その時泣きついて来ても観てやらんからね!」


その翌々日の明け方前


別荘の前に救急車がピーポーピーポーうるさく停まって
眼下の家のババアが運ばれて行った!\(^_^)/

行ってらっしゃい((🙋2度と帰ってくんな!\(^_^)/
ニヤニヤしながら窓から手を振って眺めてやったわ!

他人の親切に悪態や悪意や憎しみを返すからこんな事になる

典型的な墓穴掘りの因果応報

そのまま死ねばいいのにと思ったけど、ストレッチャーの上でなんかいつも通りギャアギャアカラスみたいな不愉快な声で喚いていたから無理かもね・・・・(T△T)

\(^_^)/こういう人間が長生きするのだ・・・・



[PR]
# by t102910291029 | 2017-05-17 10:20 | Comments(0)