究極の「オマエにだけは言われたくないわ!」

ミャンマーのアウンサンスーチー女史については、最初一目視た時から、その顔からドス黒いオーラが駄々漏れしていた

blogでもずっとスーチーは危ない!と書いてきた

最近になり、ロヒンギャに対する虐殺が話題になっているが、そこにナゼか南朝鮮人の胡散臭い女がパックリ食いついてきた❗(◎-◎;)

誰がどう視ても虐殺を指示或いは黙認しているスーチー側が悪いのを見極めた上でのイマサラの参戦は、なんとも気持ち悪い・・・・

このイヨンヒなる女大学教授、以前には日本の小学校の教科書が偏向していると国連で騒ぎを起こしている札付き・・・・

今回のロヒンギャ問題は、この女の所属している南朝鮮がベトナムで行った非道な大虐殺に比べたら規模が小さい位だ

この女教授は、他国の非難を後乗りでする前に!自国の軍隊がベトナムで犯した下劣な虐殺強姦行為を白日のもとに曝したらどうかな?(´д`|||)

この女教授にはアウンサンスーチー女史も呆れてこう言いたいだろう


「ベトナムで散々残虐行為しまくったオマエの国にだけは言われたくないわ!」



 国連児童権利委員会(委員長イ・ヨンヒ成均館大学教授)が日本の歴史教科書の問題を指摘する報告書を出した。
 16日(現地時間)に公開されたこの委員会の報告書は「日本の歴史教科書がアジア・太平洋地域他の国子供たちとの相互理解を増進することができないだけでなく、歴史的事件を日本の観点でばかり敍述していることを懸念する」と指摘した。委員会はこの報告書を通じて日本政府に教科書内容の見直しを勧告した。児童権利委員会は先月 25日から今月11日まで国連本部で会議を開いた後、この報告書を作った。イ教授は委員会で日本の歴史教科書問題についてずっと提起してきた。
---------------------------------------------------------------------
 この記事に対する中央日報の日本人読者(韓国ウオッチャー)のコメントをいくつか御紹介いたします。
-------------------------------------
 ・国連児童権利委員会が日本の歴史教科書の問題を指摘する報告書を出した>・・・国連が大変なことを言い出したなあと思ったら蓋を開けてみると、なんと委員長はイ・ヨンヒ成均館大学教授という韓国人なんだね(笑)。あきれてものも言えない。自分たちの妄想とねつ造に満ちた歴史を日本が受け付けないとこんな風に国連とかアメリカ(マイク・ホンダ氏への抱き込み)を利用してゴミを撒き散らしている。特に委員長イ・ヨンヒ氏は国連の機関を私物化している。こんなことは許されない。即刻辞めるべきだ

 ・ベトナム戦争時韓国民間人および軍人がベトナム人を虐殺した事実、ベトナム人女性をレイプした事実、その結果生まれてきた韓国ベトナム混血児が受けている差別について何も説明していない韓国の教科書。むしろこの鬼畜兵と強姦魔たちを英雄だと子供たちに教え込んできた。国連の名を利用して他国の教科書を一方的な視点で批判する愚かな教授。韓国の教育水準の低さがこの教授を通して理解できます。反日に洗脳された教育者がさらに反日の子供を育てる悪循環。




やはりアウンサンスーチーは暗黒面に
2017/2/6(月) 午前 0:49


2015年11月11日のブログ記事で、わたしはこのアウンサンスーチーという人間が、どうしても信用ならない・・・・なんなら新しい残虐な独裁者になる姿が観えると書いた

記事を読んだ殆どの人達は
「てるさん!ナニ言ってるのかな?」
と内心いぶかしがったんじゃないのかな?
なにせ、あの頃はアウンサンスーチー女史といえば、ミャンマー民主化の女神!ジャンヌ・ダルク扱いだったからね・・・・
ワタシの言ってる事がバカバカしかったのはしかたがない



だが今

そのミャンマーでは、少数民族「ロヒンギャ」への人道にもとる虐殺や虐待や民族浄化まで行われている・・・・手を下しているのは軍部とはいえ、最高実力者たるアウンサンスーチー女史の了解・・・・或いは暗黙の了解が無ければ到底行われるはずもない蛮行だ


だから2年前には既にワタシにはこの女の暗黒の部分が観えていたのだね・・・・

以下
再録



「アウンサンスーチー」

「この人・・・・アブナイ」
2015-11-11 14:41:07

この人・・・・アブナイ匂いがする・・・・
プーチンにも似た匂いとオーラ・・・・

五年後のミャンマーが新しい独裁国家になってなければよいのだが・・・・

ワタシがこんな記事を書いたのを覚えているかな?
どうやら、その懸念は間違えてはいなかったようだ・・・・

現在、スーチー氏は以前はあれほど頻繁に姿を現して演説をした国民の前には全く姿を現さず、憲法改正して自分が大統領になるための工作に腐心している・・・・
それと同時に、前軍政権の実力者の逮捕や追放にやっきになっているようだ・・・・・・・・

この女・・・・

こうなるとワタシには見えていたよ・・・・(≧▽≦)
新たな独裁者の誕生と見て間違いない。




そしてこれが、アウンサンスーチーが今、している事だ

「ミャンマー軍、少数派ロヒンギャへ残虐行為か」 国連報告書
2017年2月5日 13時26分 CNN.co.jp

(CNN)?国連人権高等弁務官事務所は5日までに、ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊が少数派のイスラム教徒、ロヒンギャを殺害、強姦、拷問しているとする報告書を発表した。バングラデシュへ逃れたロヒンギャへの聞き取り調査によって、「前代未聞」の残虐行為が明らかになったという。

ゼイド人権高等弁務官はこの報告についての声明で、人道犯罪の可能性が「非常に高い」との見方を示した。

ミャンマー政府の報道官はCNNへのメールで「副大統領率いる委員会が調査し、不法行為の証拠が見つかった場合は断固対応する」と表明した。

ラカイン州では人権侵害が数カ月前から横行しているとされ、国連の推定によるとこれまでに約6万9000人が隣国バングラデシュへ逃れた。このうち220人のロヒンギャを対象に、バングラデシュの国連チームが聞き取り調査を実施した。

報告によると、対象者のうち目の前で人が殺されたという人は65%、家族が殺害された人も半数近くに及んだ。

ある女性は強姦されそうになった時、それを止めようと泣き叫んだ5歳の娘が犯人グループにのどを切られ死亡したという。

1人の少女は目の前で父を殺され、母は強姦された末、自宅に閉じ込められて家ごと火をつけられた。

調査対象者のうち101人は女性で、その半数以上が強姦されたり性的暴行を受けたりしていた。最年少の少女は11歳だった。

家などが焼かれたり破壊されたりしたと話した人は64%、自宅が盗難や略奪の被害を受けた人は37%に上った。性的な屈辱を含む拷問の訴えもあった。

ミャンマー政府はロヒンギャへの人権侵害を非難する声に対し、昨年10月に国境警備隊を攻撃した集団への掃討作戦だとする主張を繰り返してきた。その一方で、同地域への支援団体や報道機関の立ち入りを厳しく制限している。

[PR]
by t102910291029 | 2017-07-23 06:26 | Comments(0)
<< くっっっっだらねえ! メイちゃんと今半と >>