フランスのkilinさん

数年前

少しの間だったけど、フランスの片田舎に嫁いで行った女性とヤフーblogで交流があった
最初に彼女がワタシのblogを読んでくれていたのだと記憶している

その人はkilinという名前で書いていた
ちょうどヴィオラ奏者を想う時期でもあり、国は違うが距離的には近い場所に住む彼女を通して、不馴れな異国に住む誰かを想う縁にしていたような面もあった

それだけではなく、パリなどではない片田舎での生活のお話は、なんだか新鮮であった

だが、彼女のblogが姉妹だったかな?・・・・に見つかり、いつの間にか読まれていた事に・・・・なんだか居心地の悪さを感じたらしく、プツリと更新が途絶え、アカウントも消滅してしまった

ワタシのように、関係者に読まれようが上等で開き直って書いているわけではなかったろうから、ある程度の悩みや葛藤を匿名なつもりでblogに綴り、それを知り合いにコッソリ読まれていた事は、ある意味ショックな事だったのだろう・・・・(^_^;)

フランスでの生活も、言葉の問題という、いかにもおフランス的な壁を感じて不安も昂じていた時期であっただけに・・・・(^_^;)

彼女の今が気になる・・・・

Kilinというハンドルネームを選ぶ彼女の外見はワタシが想像していたのと、あまり解離は無い筈だ

つまりは
そういう人にワタシは惹かれるという事なのだろう

勿論、そればかりではないのはご存知の通りだけれど、ある種の理想である事は確かだ
彼女が消えたのと同時期に、似たような雰囲気の女性を知る事になったのだけれど、最初はもしかしたら同一人物ではないかと思うくらいに見えるオーラの色が似ていて驚いたのを覚えている

ヤフーblogでは、お気に入りに登録した人のハンドルネームは、その人が退会した後もワタシのマイページに残っているという事を、ついさっき知った

ワタシは滅多に誰かの読者になる事は無い


この歳になると、なんだか亡くした繋がりがいちいち切ないのだ・・・・

新しい出逢いは勿論在るが、亡くした誰かの替わりには絶対にならない・・・・少なくともワタシはそう思ってる

中には再婚相手を前の配偶者の替わりだと本気で思える人間もいるみたいだけどね・・・・
「後添え」という言葉には、ワタシは昔から違和感がある・・・・(^_^;)

海老蔵にも・・・・そうあってほしい・・・・(^_^;)









[PR]
by t102910291029 | 2017-11-06 19:31 | Comments(0)
<< 2匹の仔犬と神田さん おなかすいた >>