手のひら返し 麻由美 篇 2 まだ完全には・・・・

b0365100_10333084.jpg
写メは深夜の浜名湖・・・・と女優の若村麻由美さんと・・・・例のモデル

比べるのはまことに愚かしい話だが、大阪への深夜のドライブで、この真っ暗な浜名湖を一緒に見て爆笑しあった歌姫と・・・・今・・・・ワタシに絡みついている美しいが売れないモデル・・・・

同じ時間に人はなぜこんなに違うのだろうかと想う・・・・

片や精一杯に自分の能力や感性の限りを尽くして努力をしながらイキイキと生きている・・・・挫折や焦りもあるけれど、それもまた生命力の糧にして明るくまっすぐに輝いている賢さが眩しい・・・・

片や若さを浪費した末に流れ流れ・・・・弱さを攻撃性で隠して・・・・男を利用してなんとか生きて・・おこぼれをいただいて・・自分で掘った暗い孔に迷い込み心を荒ませてひたすら不機嫌でいた・・・・そんな女・・・・

若い頃の若村麻由美に似ていないでもない・・・・それなりに美しい彼女の寝顔を視ていると、不幸は自分で招き入れるものなのかな?・・・・とも思ってしまう・・・・


この手のトラブルメーカーは元トップレスダンサーで懲り懲りのはずだ
そしてワタシは彼女に対して、元トップレスダンサーに感じたほど、のめり込めないし、共に地獄まで堕ちそうな程の圧倒的な吸引力も覚えてはいない・・・・残念ながら・・・・彼女はよくも悪くも存在自体が希薄なのかもしれない・・・・


夜中に起きてしまい、さっきまであんなに激しく求めあった肉体を前に・・・・そんな醒めたことを考えてしまう自分がなんだか好きになれない・・・・ワタシはこんな人間ではなかった筈なんだが・・・・

(T△T)




育ちの悪さ
2015/12/4(金) 午前 8:26



昨日
若い頃の若村麻由美さん似の、例の売れないモデルの麻由美からメールが来た
性格に問題があり、心が不安定で捻れており、人間不信で育ちが悪い
元トップレスダンサー程までとはいかないが、病んでいる事だけは確かだ
あの夜から色々と忙しかったり体調が悪かったり、こっちが落ち込んだりしていて、こちらから連絡をしていなかった。
彼女のような面倒な女の相手をするためには、コチラが心身ともに万全でないと、ややもすると深い深いどろどろな暗黒面に引きずり込まれる恐れがある・・・・(;_;)/~~~それは元トップレスダンサー相手にイヤというほどに体験している。

また

共に熱く煮えたぎる泥沼に堕ちてゆく背徳感がまた・・・・実に魅力的だったりするのが困る

ワタシからの連絡が無かった事に苛つき、不安になり、攻撃的になり、どうにも我慢の限界を越えてしまったらしい
外見上は相当な美女でもあり、男はみんな自分を欲しがって何でも言いなりになり、手玉にとれる・・・・そんな人生を歩んで来た麻由美・・・・( TДT)抱かせてやった男から、すぐに「また逢いたい!やらせてくれ」というがっついた連絡が無い事に「いたくプライドが傷ついた!(-""-;)」ってとこか?・・・・

しかし
ワタシにとっては女性の魅力のうち、外見上の見てくれなどはとても小さな部分にすぎない
大体、目が悪い上に鳥目だから、暗いベッドで見えているのは、目を瞑っていても見えるその女性の魂のオーラばかりなのだから・・・・

しかも、光の下で見える外見上の美しさで言ったら、麻由美はワタシの身の回りにいる美女達よりも少し下だったりする・・・・自信満々のご本人には言えないけどね!(*´∀`)・・・・

だから、いちいち「いい女ぶる」麻由美の言動や態度には苛っとくるし、滑稽でもある
せいぜい、錦糸町キャバクラのNO,1程度だろうに・・・・錦糸町にキャバクラがあるかなんて知らないけどね!しかもキャバクラなんて3回くらいしか行ったことないし!!

「偽物の女」を売り物にして男に寄生して生きるタイプの人間はワタシは好きではない
「偽物の男」を売り物にして女に寄生して生きるホストタイプの男をワタシは心底軽蔑しているのと同じようにね!(^o^)



自分の能力と努力で立派に真っ当な仕事をして生きている魅力的な女性を沢山知っているし、彼女達の魂のオーラはみな美しく尊敬する。
だから、ワタシにとっては麻由美の「売り物としての女」の部分には何の魅力も感じない。では何故彼女とこうなったのか?・・・・と問われれば、それは「麻由美の魂の奥から助けてくれといわれたから・・・・」としか言いようがない・・・・なんだか傲慢に聞こえて嫌な感じだよね・・・・( TДT)

知っている人は知っているのだが、ワタシの目の前で人が倒れるのはしょっちゅうだ。
別に彼等、彼女達はワタシがあまりにハンサムで魅力的だから失神しているわけではない(^.^)
彼等は何故か、原因は違うが、糸が切れた人形のようにワタシの周りで倒れ、そのたびにワタシは大変な修羅場に巻き込まれる事になる・・・・もう慣れたけどね・・・・( TДT)1度なんぞは女性とラブホテルに入る直前にオッサンが道端で痙攣し始めた!(-""-;)・・・・ただの軽いテンカンだからほっといたけどね!


そんなわけで・・・・

怒り半分、欲望半分、不安半分、甘え半分、その他モロモロ・・・・全部足したら何人分になっちゃうかわからない程の山程の溢れ返る感情を抱えてぐちゃぐちゃに爆発しそうになっちゃってる麻由美とのどろどろなセッ○スが昨夜から止まらない・・・・


[PR]
by t102910291029 | 2018-03-16 10:35 | Comments(0)
<< 麻由美 篇 3 やはり溺れてる 手のひら返し 麻由美 篇 1 >>