まり

b0365100_07012328.jpg
そういえば

芥川龍之介の「好色」という小説にこんな話があった

平安時代
ある女官に惚れすぎた男
あまりに好き過ぎて「このままではオレはダメになる❗そうだ❗あの女官の汚いウンチを見れば幻滅してキライになれるに違いない❗」
男は女官の部屋に忍び込み、女官の「おまる」を盗み出す❗

ドキドキしながら蓋をあけてみると・・・・ナニやら素晴らしい薫りの物体が❗・・・・

「なんと!あの女官は排泄物すらこれほど芳しく魅力的であるのか!!」
もう男は完全に降参し、悩乱して貪り喰らうのだった・・・・

女官はニヤリとして言う
「こんなこともあろうかと、お香でウンチを造って入れておいたんだよバカ❗」
・・・・

小説の中ではウンチのことを「鞠」と表現している
「おまる」から連想した芥川龍之介の造語のようだ

なんか
そんなこと思い出した
ワタシは別にス○トロ趣味はとりたてて強くはないが、かといってあまり嫌悪感は無いのだ🎵



[PR]
by t102910291029 | 2018-03-26 07:02 | Comments(0)
<< USJ 目黒川 >>