薬物依存者たち

薬物依存症の人たちって見栄っぱりで嘘つきで、すぐに自分をでかく見せようとするんだけど、でも、それって突き詰めれば、自分にもそういうところがある。もしかすると、人間の一番人間らしいところをグロテスクに集めた病気なのだとも思う・・・・
そんなことを語っていた人がいる

その分析には賛成だ

ワタシはアメブロの「オヤジジャンル」に一応、属しているが、そこには
「見栄っぱりで嘘つきで、すぐに自分をでかく見せようとするグロテスクな薬物依存症らしき人々」の姿が散見できる

社会にまともに相手にされない自分を、目一杯風呂敷を拡げて表現してみせ、似たような境遇、経験の人間同士・・・・「ワカリアエル仲間」としてリスペクトという表現の「傷の舐め合い」をしているのだ・・・・(´д`|||)

いつまた薬物の誘惑に耐えられなくなるか・・・・更には既に手を出していて、いつまた捕まるかわからない・・・・そんな不安と恐怖を「空威張り」や「武勇伝」や「(爆)」や「笑」で誤魔化し合う面々・・・・強がってみせているが、所詮は薬物に負けたかわいそうな弱虫にすぎない・・・・

なんとも情けないのだけれど、そんな面々が、本来ならば分別も社会的地位や信用も築けていなければならない
「オヤジと言われる年代の働き盛りの男達」というジャンルに存在しているのは確かなんだよね

「オヤジ」というのは、人間の、それなりに完成された成熟した美しい姿であってほしい
「オバサン」が、そうであってほしいのと同じようにね🎵







[PR]
by t102910291029 | 2018-06-26 16:43 | Comments(0)
<< ようやく土田晃之が消えてくれそうだ 再会 立ち続ける女 >>